助成金ドットコム

抑えておきたい!NPO法人が貰える助成金!

助成金や補助金の多くは中小企業向けのものが多くある印象を受けますが、NPO法人でも貰える助成金があります。NPO法人とはどういったもので、NPO法人が貰える助成金にはどのようなものがあるのかをご紹介します。

1.NPO法人とは?

NPO法人とはどういった団体なのでしょうか。特定非営利活動促進法(1998年12月施行)に基づいて設立された、特定非営利活動法人のことです。

特定非営利活動とは、以下の20種類の分野に該当する活動であり、不特定かつ多数のものの利益に寄与することを目的とするものです。

  1. 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
  2. 社会教育の推進を図る活動
  3. まちづくりの推進を図る活動
  4. 観光の振興を図る活動
  5. 農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
  6. 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
  7. 環境の保全を図る活動
  8. 災害救援活動
  9. 地域安全活動
  10. 人権の擁護又は平和の推進を図る活動
  11. 国際協力の活動
  12. 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
  13. 子どもの健全育成を図る活動
  14. 情報化社会の発展を図る活動
  15. 科学技術の振興を図る活動
  16. 経済活動の活性化を図る活動
  17. 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
  18. 消費者の保護を図る活動
  19. 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
  20. 前各号に掲げる活動に準ずる活動として都道府県又は指定都市の条例で定める活動

内閣府より引用https://www.npo-homepage.go.jp/about/npo-kisochishiki/nposeido-gaiyou

法人格を持つことにより団体の信頼性が増し、市民の身近な法人として、多様化する昨今のニーズに対応できると期待されています。NPO法人の数も増えてきていて、社会にも定着しつつあります。

(1)NPO法人の設立方法

法律に定められた以下の10種類の書類を添付して申請を行います。

定款

役員名簿(役員の氏名及び住所又は居所並びに各役員についての報酬の有無を記載した名簿)

役員の就任承諾書及び誓約書の謄本

役員の住所又は居所を証する書面

社員のうち 10 人以上の氏名及び住所又は居所を示した書面

認証要件に適合することを確認したことを示す書面

設立趣旨書

設立についての意思の決定を証する議事録の謄本

設立当初の事業年度及び翌事業年度の事業計画書

設立当初の事業年度及び翌事業年度の活動予算書

提出された書類の一部は公開され、誰でも閲覧する事ができるようになっています。市民の目でも点検されたのち、管轄庁での審査に通り認可されると、法人として登記して初めてNPO法人として設立されます。公開期間は約2カ月で、審査は4カ月以内に結果が出ます。

(2)NPO法人は無償の活動?

実はNPO法人も法人税を支払わなければなりませんし、透明性のある会計を行うことは他の企業と同じです。非営利企業だからと言ってもそこで働く人もいますので、賃金などの費用や営業活動の資金は必要です。なので、利益を上げてはいけないという訳ではないのです。通常の企業と違う点は、配当がない事です。余剰金が出たら次期に繰り越しをして企業の存続のために利用し、株主に配当を出さない事が大きな違いです。

2.NPO法人が貰える助成金の条件

NPO法人に対する助成金は、NPO法人が活動する分野に対して支給されるためその分野でなければ支給されません。例えば、福祉に関する助成金を貰うためには、医療や福祉に関する活動をしているNPO法人でないと受け取る事が出来ないのです。ただし、助成金を出す団体も特定の1つの分野だけではなく、多岐にわたって募集をしている事も多いため、専門的な助成金ばかりではありません。また、申請をしても必ず貰えるわけではなく、審査があり審査に通って初めて助成金が支給されます。例えば300万の基金ならば、30万づつ10社に支給されるという感じです。近年、NPO法人が増加している事と、助成金自体が減っているため支給される確率はとても低くなっています。

3.NPOが貰える助成金の種類

NPO法人が受給できる助成金は、国だけでなく都道府県、市町村、財団などで募集をしています。

http://www.josei-kin.net/(助成金ねっと)

http://www.jfc.or.jp/(助成財団センター)

http://fields.canpan.info/grant/(CANPAN 助成制度)

などのサイトで確認できます。この中でおすすめの助成金を紹介します。

(1)助成金名:第5回 スポーツ振興賞

(2)助成金名:シニアボランティア活動助成

 

(3)助成金名:ビジネスパーソンボランティア活動助成

 

(4)助成金名:アジア・文化創造協働助成(平成29年度第2回)

 

(5)助成金名:ボランティアグループ等が行う事業への助成

 

まとめ

今回おすすめした助成金は、2016年にも募集があり、今回継続募集をしています。そのため、2018年以降も募集がある可能性もありますので、今回、間に合わなかった場合には来年に向けて調査しておくと良いかもしれません。おすすめは全国規模で募集をしている助成金を選んでいますが、地域限定で募集している助成金も多くあります。お住いの地域によっては、地域ならではの助成金もあり、同じ内容でも審査に通りやすい可能性があります。市町村から一般企業まで募集をしているので、自分たちに合う助成金を探してみてください。