助成金ドットコム

人材不足の改善で助成金を受給しよう!労働移動支援助成金(移籍人材育成支援コース)とは?

製造業等の成熟した産業から今後成長が見込める人手不足の産業へ人材の移転がスムーズに行われる社会を目指し、【既存の従業員の再就職支援】や【移籍による従業員の雇用】を行った事業主が受給可能な労働移動支援金。労働移動支援金は6つのコースがあり、それぞれのコースによって支給要件や受給額が異なります。今回は労働移動支援金の「移籍人材育成支援コース」についてご紹介します。

1.移籍人材育成コースで移籍による従業員の雇用を実現しよう。

労働移動支援助成金の「キャリア希望実現支援助成金」は、平成29年4月に「移籍人材育成支援コース」へ名前が変わりました。移籍人材育成支援コースは、他の事務所からの移籍による従業員雇用や在籍出向の従業員を移籍し雇用した上で、受給対象の従業員に対し職業訓練等を行った場合に受給可能な助成金です。

2.移籍人材育成支援コース対象従業員の要件とは?

労働移動支援助成金の移籍人材育支援コースの対象となる従業員は以下4つの要件全てを満たす必要があります。

3.移籍人材育成支援コースを受給する事業主の要件は?

移籍人材育成支援コースを利用する事業主は、雇用保険の適用事業所の事業主であることなどいくつかの要件を満たす必要があるため確認しましょう。

その他の要件は厚生労働省の公式ホームページで確認しましょう。

厚生労働省公式ホームページ:労働移動支援金(移動人材育成支援コース)

4移籍人材育成コースはどのような措置をとれば良い?

移籍人材育成コースを利用する場合。以下6つの要件を満たす措置を行う必要があります。

5.受給対象の従業員に対する職業訓練の要件は?

移籍人材育成支援コースを利用する場合、他社や出向先から移籍し雇用した従業員に対し職業訓練を行う必要があります。実施する職業訓練は以下の要件全てを満たす必要があります。

6.受給額はどれくらい?

一定の条件を満たすことで「優遇助成」の対象となります。また、優遇助成の対象である場合に受給対象の従業員の賃金が規定の額より上昇している場合「優遇助成(賃金上昇区分)」の対象となります。

受給額の上限は「優遇助成」「通常助成」「優遇助成(賃金上昇区分)」の合計が1事務所あたり1年度5,000万円となっています。

7.申請の流れを知ろう

(1)受給資格の申請

実施する訓練計画を作成し、訓練開始日の前日から計算し1ヶ月前までに必要書類を管轄の労働局へ提出。

(2)申請手続き

提出した訓練計画に沿って職業訓練を実施し、訓練最終日の翌日から計算して2か月以内に必要書類を準備し管轄の労働局へ提出。

(3)受給

審査に合格した場合、助成金が振り込まれる。

まとめ

今回は労働移動支援助成金の「移籍人材育成支援コース」についてご紹介しました。他の会社や在籍出向の従業員を移籍へ切り替えて雇用することで、事業所の人手不足解消に繋がるでしょう。また、雇用した受給対象の従業員に対し職業訓練を行うことで会社全体の生産性向上も期待できるでしょう。従業員の移籍雇用をお考えの事業主の方にオススメの助成金の一つです。