助成金ドットコム

平成30年度4月締め切り・5月締め切りの補助金をご紹介します!!

補助金は経済産業庁や官公庁、地方自治体が実施している、産業の育成等を目的としています。助成金と異なり、申込みをしたら必ず支給されるという訳ではありません。

補助金の多くは公募であり、募集期間が比較的短い傾向にあります。

今回は、平成30年4月、5月1週目に締め切りとなる補助金の一部をご紹介します。

申込みに間に合うようであれば、是非申請してみてください。

起業して間もない場合は、日本政策金融公庫の融資制度を利用した資金調達方法もオススメです。

是非ご確認くだいさい。

日本政策金融公庫で、起業してすぐ融資を受けることのススメ

 

1.4月が締め切りの補助金

(1)中小企業知的財産活動支援事業費補助金

公募期間:平成30年3月8日~平成30年4月10日(火)17時必着

中小企業知的財産活動支援事業費補助金とは、アイデアやノウハウ、技術など中小企業の知的財産の保護や活用を促進することを目的としています。

補助対象となる事業は日本に拠点を置く法人もしくは地方公共団体で下記に該当する事業の全てもしくは一部が対象となります。

中小企業知的財産活動支援事業補助金の補助対象と補助率

(2)商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業)

公募期間:平成30年3月16日~平成30年4月23日(月)17時必着

中小企業者が、他企業や大学、研究機関等と連携し、新たなサービスモデルの開発やサービス産業の競争力の強化に向けた取組の支援を目的とした補助金です。

補助の対象となる事業者は、中小企業等経営強化法に基づく異分野連携新事業分野開拓計画の認定を受けている必要があります。

商業・サービス競争力強化連携支援事業の補助対象と補助率

(3)ふるさと名物応援事業補助金(JAPANブランド育成支援事業)

公募機関:平成30年3月27日~平成30年4月25日(水)17時必着

ふるさと名物応援事業補助金は、JPANブランド育成支援のひとつです。優れた素材や技術力などを世界に通用するブランドとして確立していくためにいくつかの中小企業が連携して取組を行うことで経費の一部を補助してくれます。

地域活性化や地域の中小企業の振興を目的とした補助金です。補助対象は4者以上の中小企業、商工会、商工会議所、NPO法人等となっています。

ふるさと名物応援事業補助金の補助対象と補助率

【グローバル企業展開・イノベーション促進事業費補助金(JAPANブランド育成支援事業)】

公募期間:平成30年3月27日~平成30年4月25日(水)17時必着

ふるさと名物応援事業補助金と同様にJAPANブランド育成支援のひとつです。

EU加盟国への市場獲得を目指している中小企業等が連携して優れた素材や技術力などを世界に通用するブランドとして確立していくための取組が対象となります。

基本的な補助対象となる事業、補助率はふるさと名物応援事業補助金と同じです。

2.5月前半が締め切りの補助金

(1)地域・まちなか商業活性化支援事業(地域商業自立促進事業)

公募期間:平成30年3月20日~平成30年5月2日(水)

商店街が基盤となり、下記の6つの分野に関わる取組を行うことで、地域経済の活性化を図ることを目的とした補助金です。

支援体操となる6つの分野

補助対象は商店街組織、商店街組織と民間事業者の連携となります。

地域・まちなか商業活性化支援事業補助金の補助対象事業と補助率

まとめ

上記でご紹介した4月締め切りの5つの補助金の詳細は中小企業庁HPよりご確認いただけます。

中小企業庁HP「平成30年度予算関連事業/平成29年度補正予算関連事業」

補助金は助成金と比較すると確実に受給できるというわけではありませんが、大きな取組を行う場合には、活用したい制度がたくさんありますので、定期的に確認してみてください。